Insta360 ONE Xで写真を撮ると自分が写って嫌だけど好き

この記事は約5分で読めます。
広告

自分が嫌なら歪めてしまえばいいじゃない(量子化)

実は、3月にInsta360 ONE Xという360度カメラ(全天球カメラ?)を買っていました。
半球体のレンズが前後についていて、ストリートビューみたいにグリグリ動かせる写真が撮れるやつです。
※俺はヨドバシ.comで買ったけど、今はどこも在庫ないみたいです(2020/5/30現在)。

なんで買ったかっていうとね、ゆるキャン△に絵がにてるマンガで360度カメラが出てきたからだよ。

あfろ先生に突き動かされる人生、悪くないと思ってるよ。

届いたその日に試し撮りをし、ベストバイオブ2020が確定したと直感するレベルの衝撃をうけました。
しかし、撮影した写真に必ずデカい顔した男が写り込む不具合があり、そいつがいる限り写真をアップロードすることができないので、これまでブログに書くことができませんでした。

編集めんどくせぇなぁ…と思ううちに2か月が経ってしまいましたが、ようやく重い腰を上げてデカい顔の男を消したので、Insta360 ONE Xの写真機能を使ったときの所感をブログに残したいと思います。

冒頭の画像を見てもらえばわかると思いますが、めちゃくちゃ面白ガジェットです。

Insta360 ONE X 開梱の儀

逐一写真撮ってたけど、誰が俺の開梱工程に興味があるというのか。
内容物はここに記載されてましたよ。

こんな箱に入っててー、

なんか色々入ってましたー。
ハイ開梱の儀終わり。

Insta360 ONE Xのいいところ

適当に撮影できる
ボタンを押したら全方位の撮影ができてしまうので、立ち位置以外の要素が写真に影響しない(はず)。
適当にボタンを押すだけでいいから何回もシャッターを切る必要がない。
一発撮ってきたら見てきた景色が保存できるのは快感。
重くない、そんなに大きくもない
細長スティック形状なので長さ部分がネックになるかと思ったが、ライジャケの胸ポケットに入れておけるサイズ。
100グラムもないらしいので軽いと思う。

良いところとして挙げた部分がそれほど多くないのは、悪い製品だからではありません。
なんというか、ボタンを押したら全方位撮影できるということが凄すぎて、それ以上の良いところが思い浮かばないのです。

360度カメラの説明として、”空間を切り取る”と表現されているのを良く見ますが、言い得て妙だと思います。
撮影ボタンを押すだけで、その日その時その場所から見た景色を全方位画像として残せるので、旅の思い出を記録するカメラとしてめちゃくちゃ適性があるのではないかと感じています。

Insta360 ONE Xの微妙な所

毎回自分(撮影者)が写り込む
なんでか知らないけどどうやって撮影しても変な男が写り込む。
人によっては美少女が写り込むんだろうな!うらやましいな!!
レンズが濡れると力が出ない
防水ケースを使わない俺が悪いけど、濡れるとレンズとレンズの境目のあたりがボヤーっとしたりゆがんだりする。
↓みたいな感じ。

撮影した写真の確認には別デバイスが必要
Insta360 ONE X本体には、写真が確認できるようなディスプレイはない。
スマホで専用アプリを使って無線/有線接続するなり、PCにカメラ内のファイルを取り込んで専用ソフトで見るなりしないといけない。
iOSのアプリの使い勝手は良好。androidは使ってないので不明。PCは写真見るだけならスペックはそれほど必要ないはず。
レンズむき出しで怖い
購入当初、「内容物にポーチって書いてあるからこれで保護できるんだろ?」と思って買ったらこんなんだった。
Insta360 ONE X付属ポーチ

レンチラしている

LENS NO OWARI = CAMERA NO OWARIなので、すぐさま保護カバーを買いました。
おそらくほぼすべての人が保護カバーを買うと思うので、標準装備にしてほしい。

あfろ先生ありがとう

良い製品ですといいつつなんで微妙な所の方が多く出てくるんだよ。
絶対営業マン向いてないわコイツ。
良い点より微妙な点を多く出してしまったけど、マジでいいものなんです!
ボタンを押して適当に撮影するだけで後から見返すのが楽しくてしょうがない上下前後左右グリグリ写真が撮れるというのは本当に感動します。
こんな鬼楽しい360度カメラを俺に教えてくれたmonoというマンガに感謝しています。
昔から、○○神!みたいな言い回しがあまり好きではないのですが、あfろ is GODと言わざるを得ません。
あfろ先生ありがとうございます。

おわりに

この記事ではあまり360度カメラの魅力をお伝えすることができませんでしたが、本当に魅力的なガジェットなのです。
どうかこんなクソ記事に惑わされないでください。
今以上にいろんなところで360度写真が見られるようになったら本当に面白いことになると思うので、360度カメラがもっと普及することを願っています。
お付き合いいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました